フローラ・ハウスは 日本唯一のフローラ、サルスの輸入総代理店、JOYA®の輸入販売代理店です。

フローラ・ハウス オンラインショップ

世界25ヵ国で信頼されているフローラ社|ドイツで100年愛されているサルス社

けんこう日和

皆さまの声
HOME > 植物のチカラとフローラ社
00
00
植物のチカラとフローラ社

日本で『フロー・エッセンス+』が発売されたのは2000年12月のこと。
それから少しずつ、フローラ社も知られるようになっていきました。
しかし、それよりずっと以前から、『フロー・エッセンス』と
フローラ社をよく知っていた方がいらっしゃいます。
作家の桐島洋子さんです。桐島さんのフローラ社との出会いをご紹介します。

桐島 洋子
桐島 洋子(きりしま・ようこ)
1937年東京生まれ。文藝春秋社に9年間勤務後、
フリーのルポライターとして海外を放浪。
70年に作家デビューし、72年『淋しいアメリカ人』で
第3回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
痛快な育児論、女性論、旅行記で人気を集める。
2008年より「オトナの寺子屋『森羅塾』」主宰。
年の三分の一をヴァンクーヴァーで晴耕雨読の暮らしを楽しむ。
公式ホームページ

フローラとの出会い

作家 桐島洋子

五十代で人生の秋の「林住期」入りを宣言し、年の三分の一くらいはエンジンを切り、ヴァンクーヴァーの林住庵でゆったりと大自然の気流に心身を委ね暮らすようになって、もう二十三年が過ぎた。その最大の収穫は大地との繋がりを取り戻し、植物との友情を深めたことだろう。植物というのは花が美しいとか緑が香しいとかいうレヴェルをはるかに超える深く逞しい力を秘めた、実に端倪すべからざるいきものであり、今では私にとって最も頼もしい援軍になってしまった。

思えば私に初めて植物の力を教えてくれたのは、三十数年前にアメリカ先住民文化を取材したときに出会った精悍な初老のインディアンである。砂漠の中を歩き回りながら、彼はときどき灌木の茂みや叢に立ち止まり、小枝や葉を採取しては、ちょっと瞑目して感謝の祈りを捧げ、これは喉の痛みに効くよとか、こっちは血液を浄めるんだとか嬉しそうに呟くのだった。

「インディアンはケミカルの薬なんて使わないよ。神様があらゆる薬を用意して下さったんだからね。難しい病気ならいろんな植物を組み合わせればいい。われわれは大病で死んだりはしないよ」

こんな話を、病気知らずの私はさして興味もなく聞き流していたのだが、同じとき彼が問わず語りに予言した地震や洪水がやがて恐ろしいほどに現実化したときに、あのインディアンはただものではないぞと遅ればせながら驚嘆し、植物の話だって本物だろうと思い直したのである。

だから後にインディアンの伝承だという植物のお茶「フロー・エッセンス」と出会ったときはまず懐かしかったし、素直にその力を信じることができた。またときどきフロー・エッセンスで大病をはじめさまざまな不調が癒されるのを目の当たりにして「ああ、やっぱり」と思ったものだ。

私はまだ健康だが、いつも心身を浄化し現状を維持するために日本ではフロー・エッセンス+を愛用している。毎朝起き抜けに朝日に向かって正座し、愛用の茶碗で恭しく一服頂戴するのだ。その際、あのインディアンに倣って神様への感謝の祈りも欠かさない。

ヴァンクーヴァーは、このフロー・エッセンスの製造元であるフローラ社のお膝元であり、トーマス・グレイザー氏ともお知り合いになって、今では家族ぐるみのおつきあいを楽しませて頂いている。「背広を着た天使」という私の第一印象が渾名のように定着してしまったが、本当に純真な方で、これならインディアンも神様も文句ないだろうと思うほど厳密で良心的な仕事ぶりなのだ。フロー・エッセンスの他にも、植物の力を駆使したさまざまなサプリメントやお茶や健康食品がロハスなカナダ人の人気を集め、自然食スーパーやビタミン・ショップの棚には、フローラ社の製品が緑の樹々のように犇めいて豊かな森を形成しているから、森の精の応援をいつでも受けられて心強い。

ヴァンクーヴァーなら本物の森も近くにあるので、始終森を歩き、大自然の豊穣なエネルギーを心身に直接取り込むこともできる。※ダウン・トゥー・アースというのは私が一番好きな英語の一つだが、ようやく私もダウン・トゥー・アース人種の仲間入りを果たしたようである。

※ダウン・トゥー・アース=「大地に根ざした自然派」という意味

見えない海に漕ぎ出して
『見えない海に漕ぎ出して』
海竜社/1,500円(税抜)
1994年初版。
オジブア族に伝承されてきた植物のお茶が、「フロー・エッセンス」として現代によみがえるまでのドラマも紹介。

00
00
00
00
00

00

トーマス・グレイザーはドイツのサルス社を創業したグレイザー家の三代目。
健康食品の販売会社であったフローラ社の経営を引き継ぎ、オーガニック・ハーブの研究と製品開発で、世界トップメーカーの一つに育て上げました。
桐島さんは『見えない海に漕ぎ出して』を執筆する前、フローラ社の工場を見学し、トーマスとも会って親しくなりました。ヴァンクーヴァーの自宅に招いたり、招かれたりする間柄です。
「フローラ社は工場の技術者が皆、職人としての誇りを持って、素材に厳格にこだわり、きわめて良心的に自然健康食品を製造していることがよくわかり、感動しました。
トーマスは『人生はバランスとハーモニーが大事だ』が口癖で、それがまさに有言実行。
一日が、仕事に打ち込む時間、家族のため、人生を楽しむための時間、休息の時間に3分割され、見事にバランスが保たれています」 
桐島さんは、フローラ社とトーマスをこう語っています。

フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、
ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

COPYRIGHT (C) FLORA HOUSE.CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED