フローラ・ハウスは 日本唯一のフローラ、サルスの輸入総代理店、JOYA®の輸入販売代理店です。

フローラ・ハウス オンラインショップ

世界25ヵ国で信頼されているフローラ社|ドイツで100年愛されているサルス社

けんこう日和

皆さまの声
HOME > 愛用者 一覧 > 大石邦子

ご愛用者 フローラ・ハウスの商品を愛用してくださっている方々です。

大石邦子
  • ビヨンド・グリーンズ
  • エッセイスト

大石邦子


福島県会津生まれ
1964年通勤途中のバス事故で半身麻痺になり、のちに不治の宣告を受ける。入院中カトリックの洗礼を受ける。1976年会津の自宅に戻り、車椅子の生活で現在に至る。著書に「この窓の向こうへ」「私のなかの愛と死」「遥かなる心の旅」(以上、講談社刊)「この命あるかぎり」「この愛なくば」「この胸に光は消えず」「この生命を凛と生きる」(以上、講談社文庫刊)などがある。

「ビヨンド・グリーンズ」との出会い

私は長いこと病気をしてきた。今も車椅子の体である。しかし、いわゆる民間療法とか、健康食品とか言われるものを、ほとんど信じていなかった。

そんな私が、目を見張る思いで手にしたのが「ビヨンド・グリーンズ」だった。妹から貰ったのだが、1か月ぐらいほったらかしにしたままだった。ある日、なるべく野菜を多く摂るようにと病院で言われた。私は運動ができないのでコレステロールが300近くある。10年来下がらなかった。思いついたのが「ビヨンド・グリーンズ」だった。うそか真か、50種類の緑が入っているという。なかなか個人では、20品目はおろか、50品目の食品などとり様がない。

試しに飲んでみた。なんというまずさであることか。しかしどこか懐かしい味がする。まあ、頂き物だからお礼のつもりで一瓶だけ飲んでみようと心に決めた。お医者さんが、言われた。「不味くても飲めるということは、体が要求していることなのよ。」

※ 2001年【いきいき】6月号/別冊付録【ふくふく】より抜粋

著作紹介

商品のご紹介はこちら

フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、
ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

COPYRIGHT (C) FLORA HOUSE.CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED