フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

フローラ・ハウス オンラインショップ

世界25ヵ国で信頼されているフローラ社|ドイツで100年愛されているサルス社

けんこう日和

皆さまの声
HOME > コラム一覧 > カラダの中からキレイになる! Vol.12 - 「血めぐり」をよくしてキレイになる!

「血めぐり」をよくしてキレイになる!

手足が冷たい、など特に女性に多い「冷え」。
夏はカーディガン、冬はひざ掛けやストール、温熱シートなどをオフィスに常備している方も多いのではないでしょうか?

私たちの体は、食べ物がエネルギー源となって熱を作り、その熱が血流によって体全体に行き渡り、自律神経による血流調整などにより体温が保たれています。
食事は熱を作るエネルギーの元。胃腸が弱って栄養が吸収されなかったり、食事制限によるダイエットは熱を作る材料不足となり「冷え」につながってしまいます。
熱の約6割を作っているのは筋肉なので、運動も大切です。適度な筋力がないと、全身に血液を送り出す力が不足してしまうからです。
生活習慣による血管のトラブルや、ドロドロ血や貧血など、血液に問題がある場合、冷えの原因のひとつ熱を配ることがうまくいかなくなってしまうので、冷えにつながってしまいます。
また、ストレスも冷えの原因のひとつです。
夜になっても緊張やストレスが続き、交感神経が優位なっていると、リラックスのスイッチが入らず、末梢神経が収縮して血流が悪くなってしまうのです。

冷えは血流が悪くなって新陳代謝が低下している状態のため、細胞に酸素や栄養が行き渡りません。また、血流が悪いと栄養が必要なところへ十分に行き渡らないだけでなく、老廃物が流れていかないので、肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまいます。ターンオーバーの乱れはあらゆる肌トラブルの原因となってしまいます。
どんなに優れたコスメを使っても、細胞に栄養が行き届かなければ、その効果は期待できません。きれいな肌細胞が再生されなければ、お肌はハリやツヤをなくしてしまうのです。

血行不良によって起こるお肌のトラブル

血行不良によって起こる代表的なお肌のトラブルのひとつにくすみがあります。
血流の低下によって肌の赤みが低下すると、黄色みや黒ずみが目立つようになってしまうのです。
また、皮膚の新陳代謝が悪くなることで角質が厚くなり、メラニン色素が沈着して肌の透明感も失われて、くすんでしまいます。

目の下のくまも、血行不良がひとつの原因と考えられます。冷えや睡眠不足や疲労によって血流が悪くなると静脈が目立ち、特に目の周りの皮膚は薄いため他の部分よりの影響を受けやすく、うっ血した静脈血が青紫色のようにくまとなって透けて見えるのです。

また、血流が悪くなると代謝が悪くなり、活性酸素が発生しやすくなってしまいます。
酸化力の強い活性酸素は、細菌やウイルスを除去する作用もありますが、りんごを変色させる酸素の数十倍の酸化力があり、その影響が最も出やすいのが肌です。活性酸素は肌の弾力に大切なコラーゲンやエラスチンを変性させ、しわやたるみの原因になってしまいます。

血めぐりを良くしてキレイになろう!

血流の悪さによる新陳代謝の低下と美容は密接な関わりがあります。
肌の老化を食い止めるには、血のめぐりをよくすることが第一です。

全身の血めぐりをよくする

顔のくすみや目の下のくまを解消させようと、知らず知らずのうちに刺激の強いマッサージをしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。強い刺激や摩擦は肌を傷つけてしまうため、かえってしわやシミの原因となってしまうののです。お風呂で体を温めたり、適度な運動で全身の血行をよくするようにしましょう。

外から温める

体には、温め効果の高いポイント(温めポイント)がいくつかあり、そこをしっかり温めることで、効率よく全身に血液をめぐらせることができます。手足の先に冷えを感じる方も、冷えているからといって、そこだけを温めるのではなく、まずは体の中心から温めて、手足の先まで温かい血液をめぐらせるようにしましょう。

 

健康的な食生活を

健康的な食生活、体を温める食事や飲み物で体を温め、胃腸を動かしてあげることも大切です。
食べ物がきちんと消化・吸収され、肝臓で代謝されるなどの過程で熱がうまれるからです。

また、汚れた脂質などが、血管の内側に張り付き、血流を妨げていることがあるので、油っぽい食事が好き、野菜をあまり食べない、水をあまり飲まない、お酒が好き、喫煙する、という方は特に注意が必要です。
野菜や、血管内の汚れをとる働きのあるオメガ3を含む青魚やオイルを、日々意識して摂るようにしましょう。

血めぐりをよくする栄養素を活用する

血行不良は、肌トラブルを引き起こしてしまうだけでなく、全身の酸欠、栄養不足をき起こしてしまう万病のもととなってしまいます。
毎日の生活習慣や食生活などを改善したり、体を温めたりしても冷えが改善しない場合は、血めぐりを良くしてくれる栄養素を含むサプリメントを活用するのもひとつの方法です。

鉄分

鉄分には、赤血球の中にあるヘモグロビンをつくる、肺から酸素を全身に運ぶ、という2つの大事な役割があります。
ただ、日々の食生活の中から、必要量(栄養機能食品の基準:1日当たり2.25~10㎎)を摂るのは、なかなか大変です。
日本では、女性の約7割が鉄不足であろうと推測され、厚生労働省が「日本の成人女性の4人に1人は貧血状態にある」と報告しています。
(※厚生労働省『日本人の食事摂取基準・微量ミネラル〔鉄〕』2009年5月)
錠剤が苦手な方は、消化吸収がすみやかで、胃腸に負担がかからない、鉄分ドリンクがおススメです。

ビタミンB群

ビタミンB群は、食事から摂った糖質やたんぱく質をエネルギーに変える元気の素です。
美肌づくりや赤血球の形成にも役立ちます。

ビタミンB1
炭水化物からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素
ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素
ビタミンB6
たんぱく質からのエネルギー産生を助ける栄養素
ビタミンB12
赤血球の形成を助ける栄養素

水溶性で体内に蓄えておくことができないので、毎日補給することが必要な栄養素です。
ビタミンの働きについては、Vol.8「キレイと元気の源 ビタミン」で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧になってみてくださいね。

血めぐりをよくすることが、真の美肌への近道です。
キレイと元気の大敵である「冷え」を毎日の生活の中から遠ざけて、カラダの中からキレイになりましょう!

フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、
ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

COPYRIGHT (C) FLORA HOUSE.CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED