フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

フローラ・ハウス オンラインショップ

世界25ヵ国で信頼されているフローラ社|ドイツで100年愛されているサルス社

けんこう日和

皆さまの声
HOME > 商品一覧 > アルファウェーブ > アルファウェーブの遠赤外線って何?

からだの芯をあたためる。電気不要でどこでも使える! アルファウェーブ

遠赤外線って何?

アルファウェーブの優しい「遠赤外線(高レベルの遠赤外線)」

  • よく「電磁波は体に悪い」と言われていますが、この世の光はすべて電磁波ですので、
    正しくは「体に悪い電磁波がある」ということになります。
  • 放射線・X線・紫外線は体を透過する透過光で、透過する際に細胞を傷つける可能性があります。
  • 人間が作り出したマイクロ波・電波は、波長が長いため吸収されない吸収不可光で、ハイパワーのため人体に悪影響を与えると言われています。
    (これが一般に「体に悪い」と言われている電磁波です)
  • 人間が見ることができる可視光線(虹の七色)は反射光で、物に反射することで目の網膜に映り、見ることができるのです。
  • 可視光線(虹の七色)の「赤」の外側にあるので赤外線と呼ばれる赤外線は、唯一の吸収光で体に吸収されます。

*この赤外線の中で、可視光線から一番遠くにあるので遠赤外線と呼ばれる遠赤外線の中で、6~14ミクロン(ミクロン=1/1000ミリ)の波長帯は生物の健全な生育と深い関わりを持っていることが解ました。

活性光線 に関する ミニ知識

遠赤外線は太陽光線の一部です。人間の目に見えるのは紫から赤まで(虹の七色)で、赤の外側の目の見えない光線を赤外線と呼び、唯一の吸収光で一番波長の長い(3~1000ミクロン)分野を遠赤外線と呼びます。

また、近年のバイオテクノロジー分野の研究により、遠赤外線の波長の中で6~14ミクロンの波長帯は、生物の健全な生育と深い関わりを持っていることが突き止められました。

フローラ・ハウスはフローラの輸入総代理店、サルス、
ドクター・ダナーの輸入販売代理店です。

COPYRIGHT (C) FLORA HOUSE.CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED